メインイメージ

バンコク〜世界一の屋台編〜

無理、絶対たどり着けない。

ゴールは屋台ですが、名前もなくて、住所もタイ語。

だけど、ここの豚の喉肉の炙りが世界で一番美味いって言うもんだから、行くしかないということで、タイへ。目的はこれ↓

最高に美味かった!!

いざ、初のタイへ

 

今回は仕事1割、食8割、観光1割のタイ旅行へ。

年間3200万人が訪れる世界有数の観光地ですが
徐々に物価も上がっているようです。

世界中飛び回りましたが、東南アジアは実は初めて。

まあ、雪ないですからね。

向かう飛行機の中では、馬鹿でかい積乱雲が発達していて
あの、雲の下はスコールなんだろうなあと思いながら

(のちほど、スコールを体感することに)

タイへ向かうのでした。

 

到着してすぐにTAXIに乗るわけですが、

メーターを一向に使おうとせず、

ぼったくりしにかかるタイ人の潔さを感じました


何度も言ってたらやっとメーター動かし始めた 笑

ホテルに到着後、少しゆっくりしてから、初日の目的地へ。

バイクタクシーに乗り込んで、タイの師匠が行き先を伝える

師匠「ร้านขายของอร่อยอร่อย」
運転手「มันเป็นสิ่งที่ดี!」

はい、聞き取れません。

まあ、とにかく5分ぐらいの場所にあるらしく
通りの名前を伝えて、やっと辿り着ける場所に屋台登場。

 

ここが、バンコクに数多ある屋台の中でも、トップレベルだそう。

まずはタイのチャンビールで乾杯

ふっつーに路端のこんな場所

 

いーい雰囲気!!!

このロケーションだけでも、もう美味いのに

屋台からアウトプットされる料理のクオリティが高い…!!

 

王道の炒め物

激辛の何か

最初に頼んだ喉肉はすぐ横の七輪で炙りにかかります

でてきたのがこれ。うん、美味い。

あっさりとしているかと思いきや
超ジューシーで、甘みと旨味のオンパレード!

牡蠣のタマゴ炒めや、カエル肉も頂いて、

タイウイスキーのM150割(やっすいエナジードリンク)がスタート。

一発でスイッチ入って、僕の顔は爆発寸前です。

 

とまあ、散々食って飲んでしても、1000円/人の
コストパフォーマンス。。

タイ大好き。

初日からエンジン全開でしたが、まだまだ続きます….

関連記事