メインイメージ

メンタルを安定させるリフレッシュ法

タイのお土産でSIANG PUREという衝撃的なインパクトがあるものを頂きました。

どれぐらいの衝撃かと言うと..

こんな感じです 笑

メントールのような香りで一発で眠気が吹き飛んで脳内リフレッシュされるようなもので、脳みその右奥に突き抜ける何かを感じました^^;

こういった外的要因で気持ちをリフレッシュさせるものもありますが、他にもメンタルコントロールする方法があります。

身体性


前に記事の中でも触れましたが、身体を動かすだけでも気持ちが前向きになりポジティブな発想を持つことができます。

もし、あなたが陸上競技のオリンピック代表の監督としましょう。

一生懸命練習してきたオリンピック予選大会当日。

自分の実力を出しきれずに全く自分が思ったとおりの結果を残すことができなくて落ち込んでいる選手がいます。

あなたは何と声をかけますか?

・大丈夫だよ、次があるじゃないか

・今回をバネにしよう

などなど

何と声をかけても反応はありません。

そこで身体性(しんたいせい)の登場です。

「ちょっと歩こう」

といってトラックを一周、二週と歩いていきます。

何も話さずとも本人の中で、少しずつ気持ちが切り替わっていき、思考がポジティブになっていきます。

これは脳科学的にも証明されている事実であり
身近な人にも是非実践できる簡単な方法なので
是非、実践してみてください。

落ち込むのは脳の癖


思考の習慣を変えれば落ち込まなくなります。

1つの習慣が身につくのに
約12週間かかるといわれています。

一気にいくつも習慣を見に付けていくことは難しいので、まずは1つで良いので、思考に癖をつける練習をしてみましょう。

具体的な方法で言うと
一日の中で何か自分にとってネガティブな事が起こった時に、それを意識的にポジティブな解釈に変えます。

スマホを落として画面が割れてしまった…

そろそろ電池の寿命もきてたし、新しい機種に乗り換えるいいきっかけになった!

電車に乗り遅れて遅刻….

→自分の時間の使い方を見直す良いきっかけだ!二度と遅刻しないように朝は時間に余裕を持っていこう!

などなど

自分の都合の良いように解釈を意識的に変えていく練習をします。

単純な作業ではあるのですが、地道に続けていくだけでも驚くような結果になります。

意識的有能
→意識すれば良い思考ができる段階

から

無意識的有能
→意識してなくても良い思考ができる段階

にステップアップすることで
1つの習慣が身についていきます。

こうやって1つずつ思考を変えていくことで
メンタルトレーニングを行っていきます。

気軽にできるので、良かったら試してみてください。

関連記事