メインイメージ

雇われない生き方をオススメする理由

おれ、会社辞めたいんだよね〜

なんて言葉を聞いた瞬間になんて答えますか?

「いやいや、まだ◯年目なんだからもうちょっと経験積んでみたら?」

「3年働いたら何か見えるんじゃない?」

なんて、言葉をかけますか?

僕なら無責任にこう答えます。

「辞めたら?」

そう、無責任に。

その言葉に深い意味も何もなく、辞めたいなら辞めたら良いと思うだけなので、その人の意志を最大限尊重しているつもりです。

僕にその人の人生を背負う責任もないですし、辞めたいって言ってるんだから背中を押してあげたいなと思っての言葉です。

でも、辞めたらどうしたら良いの?


 

知らないよ 笑

これ、実話なので個人名は出さないですが

「じゃあ辞めたらどうしたら良いんでしょう??」

と聞かれたことがあるのですが、知らないよ、何でもやってみたら良いんじゃない?

と答えました。

辞めたらどうしたら良いの?

という言葉の裏には何か答えを求めているように感じます。

もちろんポジティブに次のキャリアの選択肢を得たいとか
起業しようと思うけど、事業ドメインをどう見つけて行くのかとか
こういう人脈と繋がりたいのですが、ご紹介もらえませんか

等々

前向きな質問には何か力になれますが
答えを聞くような質問には答えようがないです。

人生にそんな正解があるなら僕も知りたいです。

でも、心が辞めたいって言うならそれに従って興味が湧いたことに何でもチャレンジしてみたら何か見つかるのでは?

とは思います。

アンテナを張ること


どうやってスポーツ選手だったところから起業していったんですか?

どうやってそういう人脈と繋がるんですか?

どうやって?どうやって?どうやって?

これ、非常に多く聞かれるんですが経験あると思うんです。

新しい趣味始めたいな〜

と思ったら近所にヨガスタジオがあることに気づいたり

いつものランチに飽きたし、何か良い店ないかな〜

と思ってたら、地下にあるコスパも味も抜群のお店が見つかったり。

自分が前向きに何かを求める時に
目の前にそれが現れるようになっているので

自分がしたいこと、求めているもの
何を求めてるのかわからないなら

「何を求めてるのかがわからない」

と人に話してアンテナを張ることで
自然とそういう人やものとの出会いがあります。

外に飛び出しましょう!

 

雇われないならどうするか


これからは会社に雇われるという形がどんどん変化していくので
パラレルにいくつもの会社に所属したり、事業に関わることになります

自分のやりたいことと会社の事業がリンクしていれば良いと思いますが
そうじゃないなら自分の名前で生きていく方が、生きやすい世の中だなと感じます。

好きな事を仕事にできますし。

いくつもいろんな事業をやっていると、◯◯やってます

と言えなくなるので、いろいろやってますという答えになります 笑

ホリエモン高橋歩さんのように個人メディアを持っていく人が増えているように、◯◯会社の△△です! ではなく

前堀航輝です! いろいろやってます!

という自己紹介をさせて頂くことも多いです。

会社に所属しないことが正解ではないですが、オススメはしますね。

いろいろやれて面白いので。

長くなりましたが、また思った事を書いていきたいと思います。

関連記事